« クライストチャーチの空に想う | Blog TOP | 携帯電話と国際電話 »

2005年11月22日

恋しいガスコンロ&取り外せるシャワー

金曜日がTOEICだし今週から上のクラスに入れてもらったこともあり、今週はかなり勉強漬けになっている。もっともニュージーランドに来た本来の目的は英語のスキルをあげるためなので、楽しんでばかりはいられないのだけど。

というわけで、真面目に学校から直帰して洗濯をしながら勉強をしていたので(本当に!)今日は先日再度おじゃまさせていただいた、ボブさん&佳菜子さんカップルのフラットTuruhi Accomodationについて。
彼らは先日お邪魔したお庭の素敵なご自宅兼フラットのほかにも、クランフォード通りやグロスター通りにもフラットを持っている。日本人以外の人も利用しているのだが、中を拝見させていただいて感心したのは、非常に日本人なら便利で喜べるようにアイデアを出され、実行していることだ。
例えばシャワー。こちらのシャワーは壁に固定されているものが多い。ホテルや一部のお宅では取り外しができるシャワーもないわけではないが、固定されていてしかも水圧が低い場合もあり、お風呂好きな日本人にとってはフラストレーションが溜まりそうになることも。またシャワースペースしかなくバスタブがないことも多いのだが、こちらのフラットはシャワーが取り外せるようになっていたり、またあるバスタブもあるお部屋もあって、なるほどこれならロングステイであっても疲れを癒してリラックスできる。特に寒い時期にバスタブがあれば、のんびりお風呂に浸かれるというもの。

またキッチンには2口のガスコンロがある。
日本ではおなじみのガスコンロだが、こちらは一般的には電気のコンロなのだ。私が滞在しているマイクとアニータの家ももちろんそうだし、これまで遊びに行ったKIWIのお宅、またあちこち泊まり歩いたモーテル、どこを見ても電気コンロ。今までニュージーランドの一般的なキッチンでガスコンロなんて、私は見たことがない。
ニュージーランドの電圧は230/240Vで50Hz、日本の電気コンロに比べたら結構早くお湯も沸くし、慣れればそんなに困らないのだが、それでも火加減(電気加減?)にはちょっと戸惑うし、中華料理などを作る場合はガスが恋しくなる。
こちらのフラットは全てではないもののガスコンロが備えられているお部屋があり、また冷蔵庫もホテルなどと違って大型のものが備えられていて、自炊派には本当に嬉しい限りだ。
グロスター通りのフラットもクランフォード通りのも大聖堂など中心部からも歩いて20分程度、バスでも5分程度と便利だし、夜も静かで環境も良さそうだった。また近隣にはショッピングモールもあるので生活に何不自由なくクライストチャーチ暮しが楽しめそうで、この至れり尽くせりがリピーターに受け、また口コミで新しいお客さんを呼んでいるのだなぁと納得した。
ぜひ次回長期滞在するときはお世話になりたい。
(このフラットに興味のある方は、Tel:+64(0)3-355-9963 BOBさんまたはカナコさんまでどうぞ。またURLはhttp://chchflats.kt.fc2.com/index.html)
F1-23AUG04-KITCHEN01.gif
▲日本でおなじみのメーカーさんのガスコンロがあるお部屋の台所。ニュージーランドにあうものをいろいろ調べて、日本で購入され設置されたとか。

lounge20051027_0027.gif
▲私が気に入ったグロスター通りにあるお部屋のリビング。今は使われていないけど、暖炉だったスペースがそのまま残されている。またどのお部屋も個性があって、面白い。

コメント:

あいや。南半球ですか。そうですか。
あっしはドメスティックに生きて行きますよ。
ええ。。。。(遠い目

投稿者 アッシュ : 2005年11月22日 22:13

>アッシュさん、
いやまぁ、結局お風呂が恋しくなる私はやっぱり日本人の証拠でして・・あ、肉まんも食べたひ。

投稿者 ayumi : 2005年11月23日 12:00

CONTENTS
NZディレクトリ