« 携帯電話と国際電話 | Blog TOP | クライストチャーチでTOEIC受験 »

2005年11月24日

ニュージーランドで何するの?

今、こちらは夜の8時半ちょっと前である。が、外はまだ明るくて夜はまだこれからだぞ!といった感じ。
今日で私のクライストチャーチ滞在も折り返し地点を過ぎた。予想通りあっと言う間で、気がついたら日本に戻る日になっているのではないかと思う。午前中は学校、午後からは市内のあちこちを見るか、または帰り道途中でスーパーマーケットに寄って夕飯の買い物をし、家に戻って宿題やblogの記事を書いたりしているうちに夕飯の時間になる。
夕食後はまた勉強したり本を読んだりして(ちなみに明日はTOIECの試験だったりする。)そうこうしているうちに寝てしまう。
起床は6時、就寝は10時と日本で仕事をしていた時に比べたら、かなり健康的な生活である-何せ失業する前までは、夜の10時と言えば残業を終え夕飯を食べていた時間である。

さて、ニュージーランドにいると日本人はもちろんのこと、韓国や中国、台湾などアジアから来ている人が非常に多い。観光客はこの時期、日本人のしかも年配の方を多く見かけるように思うが、住んでいるアジア系は雑多だ。
ワーキングホリデーで来ている日本人も多い。が、うまくバイトに就いている人もいるが、現実は厳しいようである。日本料理屋やテイクアウェイの寿司屋を見ていると案外と日本人以外のアジア系、例えば韓国の人が多いように思う。またそれ以外のフードショップで働いているアジア系を見ても、日本以外の国の人が多いようだ。
ワーキングホリデービザで来ている日本人の何人かと話をしたが、ちょっと心配なのは目的がはっきりしないままで滞在している感じの人が多いことだ。
学校に来ても1ヶ月程度で辞めてしまい、ホームステイ先にいられずフラットを借りたものの、何もすることがなく毎日ぼーっとしている人や、毎日同胞同士で話をしていて英語のスキルはちっとも変わらない人、ニュージーランドに来たら何か変わるかと思ったけど、結局何も変わらないまま時間が過ぎていると言う人。またワーキングホリデーばかりをあちこちで繰り返し、それなりに語学力はついてもそれ以外のスキルや職業経験がない人など様々である。
もちろん英語のスキルアップのため、一生懸命に勉強をしつつニュージーランドでの職業体験を楽しんでいる人もいるが、どうも2つに分かれてしまっているように見える。
(たまたまそう言う人に会ってしまったかも知れないが‥)

ニュージーランドで日本人が仕事を得ることは、何か特殊なスキルがあるか、逆に何でもやってやるという気概がない限り、なかなか大変に思う。
サービス業をするにしても、語学力がある程度は必要である。もし我々が日本国内で飲食店を経営していたとして、1名のアルバイトの募集に外国人で同じような感じの人が2人来たら、我々は語学が堪能な人とそうでない人どちらを採用するだろうか。
せっかくのワーキングホリデー、滞在している間のことはもちろんのこと、帰国後のことも考えて楽しんで欲しいと、老婆心ながら忠告したい。
それとエイジェントと称し当初いろいろ良いことは言うものの、結局何のサポートもしてくれず高い費用ばかりを取っている会社もあると、こちらに在住している方からも聞いた。私も言葉巧みにニュージーランドでバラ色の生活が待っているかのようなうたい文句を見て、苦笑したことがある。
数年前までならばともかくとして今はNZ$1=85円前後だし、文房具や本、その他工業製品は高い。一方で給料はそんなに良いわけではないし、私は割合と治安が良いとは思うものの、それでもすごく生活がしやすい国だとは思わない。
私はニュージーランドが好きだし、もしチャンスがあったらずっと住んでみたいとは思うが、どこに住むにせよ生活するのは大変である。
だからもしニュージーランドに住むとしたら、その前に十分な蓄えと何らかの形でニュージーランドに貢献できるようなスキルなり何なりを持ってからでないと、私は来られないなとやっぱり思う。もちろん、どう考えるかは人それぞれである。

(明日とんでもなく天気が悪くなければ夕方からカイコウラに行く予定なので、もしblogが明日・明後日と更新されなければ、
「ああ、カイコウラにホエールウォッチングに行ったんだな」
と思ってください。)
051124.gif

CONTENTS
NZディレクトリ