« サンドイッチ、寿司、中華、イタリアン‥フードコートへgo! | Blog TOP | クリスマスグッズ専門店I Love Christmas »

2005年11月 9日

クライストチャーチのアジア食材店をチェック

大聖堂前を歩いていたら、正面から同じクラスメイトの日本人女性が歩いてきて思わず「お~い!」と手を振ってしまった。聞けば、彼女と一緒にニュージーランドにやってきたお子さんがまだこちらの料理に慣れないみたいなので、アジア食材を扱っている店に行くところということで、私も一緒に行ってみることにした。

以前に比べて日本も含めてアジアからきた人が多いこともあり、ここクライストチャーチでもアジアンフードの食材屋さんが何箇所かある。例えば最初にフラットメイトのYさんに連れて行ってもらったカンタベリー大学そばのアジア食材屋さんは、中国や韓国を中心にアジアの食材や調味料が売られている。店に入るとまるでチャイナタウンにいるような香りが蔓延しており「ここはニュージーランドだったっけ?」と思わず確認したくなりそうな雰囲気だ。普通のスーパーには置いていない、青梗菜やコリアンダー、空芯菜、ニラと言った日本のスーパーでおなじみの野菜もある。また豆腐まであって思わず感心。

クラスメイトと一緒に向かったアジア食材の店も同様で、例えばカレーのルーやうどん、ツユの素やかつおだし、のりといった食材が並んでいる。もちろん日本以外のアジアの食材も多く、中には「出前一丁」なのだが中国語で作り方が書いてあったりして面白い。

一般的なニュージーランドのスーパーマーケットにも、のりやしょう油などは置いてあることが多いが、種類が豊富なのはやっぱりこういったアジア食材屋である。
こちらのものに比べればどうしても高いのは仕方ないが、それでもジャパニーズ・レストランで食べるより少しは手ごろな値段で懐かしい味を楽しむことができるだろう。

私は日本から少し調味料類を持ってきたので今回は何も買わなかったが、長く異国に住んでいればとうぜん食べなれた味が恋しくなるだろうなぁ。
051109_a.gif
▲入り口だけ見たら「本当にニュージーランド?」場所は大聖堂からCOLOMBO通りを直進しSALISBURY通りとの角で右折。ライブラリーの青い倉庫のような建物が見えたらその裏側が入り口である。

051109_b.gif
▲こちらはカンタベリー大学にほど近いアジア食材屋さん。この写真だけ見てクライストチャーチとは思わないのでは?

CONTENTS
NZディレクトリ