« クリスマスグッズ専門店I Love Christmas | Blog TOP | ニュージーランドの温泉でまったり »

2005年11月11日

クライストチャーチでロングステイ用賃貸物件探し

カンタベリー地方の祝日で金曜日から3連休である。
またエイボン川のパンティングが10周年ということで、11日(金)の9:00から17:00まで30分間無料だった。ちょうどクライストチャーチで過ごしていた観光客の方はラッキー。なお私はバンティングの写真はよく撮りますが、自分が乗ったことは未だかつてなかったりする。

さて、今日は午後からクライストチャーチ市内にあるボブさんと佳菜子さんカップルのお宅にお邪魔した。

クライストチャーチでロングステイを希望する人は、老若男女を問わず増えているようだが、滞在先については特に頭を悩ますと思う。幸いなことに、私は夫が以前間借りさせてもらっていたお宅にお世話になることができまた料金も手ごろにしてもらって、かなり助かっているのだが、もし知人もつてもなかったら頭を悩ませていたと思う。
語学学校に通う場合は、依頼すれば紹介料を支払ってホームステイ先を紹介してもらうことも可能だがそれがなければバックパッカーに滞在しつつ新聞やインターネット、またはスーパーや情報センターなどの掲示板に貼りだされているフラットメイト募集の記事をチェックするケースが多いようだ。
ただフラット募集はワーキングホリデーで来ている比較的若い年代が多く、年配の方がロングステイで滞在するには、どうしても二の足を踏むようだ。

Turuhi Accomodationはボブさんと佳菜子さんカップルが貸している家具付きフラットなのだが1室づつ独立しており大きさも手ごろなこともあってか、いつも人気で満室状態に近い。今日お邪魔させていただいたCranford Streetのフラットはボブさんと佳菜子さんのお宅の離れといった感じだが、中に小さいキッチンとバスルームがあり大きさもロングステイを楽しむのに手ごろな大きさである。
そして何より驚いたのは、庭の中を小さな川が流れていること。湧き水の澄んだ小川は、近くの湖までと流れており、カモがのんびり泳いでくる。私がいる間にも、今朝生れたばかりという子ガモと一緒に親ガモがやってきた。かと思えば今度は、ウナギが! 庭を小川が流れているだけでもびっくりたが、カモやウナギが遊びにくるなんて!
お邪魔したのは1時過ぎだったのだが、通常カモたちは朝や夕方にやってくるそうだ。(ラッキー!)

念のため注釈しておくと、ニュージーランドでの賃貸料は週単位である。なので、不動産屋やフラットメイト募集広告に書かれている料金は1週間での料金。電気代や電話代込みのケースも多いので、賃貸を探す場合は気をつけて。
例えば今回拝見させていただいたフラットの場合は、長期(3ヶ月以上)でNZ$230/週である。ショッピングモールも近く、バス通りなので足の便も良い。
なおボブさんと佳菜子さんが経営しているフラット全部で10軒はどれも人気で来年早々まで埋まっているそうだが、11/22~12/6と12/26~1/8であれば空いているお部屋もあるそうだ。年末年始をクライストチャーチでのんびり過ごしたいという場合にも、こちらのフラットを利用して上手にクライストチャーチ暮らしを楽しむのも良いかも知れない。
いつもニュージーランドに来るときは周遊することが多く、ホテルやモーテル、B&Bを利用することがほとんどだったが、もし次回クライストチャーチで数週間以上のロングステイをするならば、こちらのお宅もいいなぁと思いつつ後にした。

さて、これからフラットメイトのYさんと一緒にハンマースプリングスへ向かう予定。
マオリの伝説にも出てくるというハンマースプリングスは温泉があることで有名なので楽しみだ。
051111_kamo.gif
▲庭を流れる小川を通って遊びにきたカモたち。クライストチャーチならではのこんな素晴らしい環境でロングステイしたら、日本に戻ることができなくなりそう。

051111_house.gif

CONTENTS
NZディレクトリ