« ニュージーランドの郵便事情 | Blog TOP | クライストチャーチ市内観光入門 »

2005年12月 8日

カフェでティータイム

ニュージーランドにいるとおしゃれなカフェがあちこちにあり、ついついお茶する回数が増えてしまっている気がする。
特にエイボン川のほとり、追憶の橋付近にはおしゃれなカフェが多い。
ニュージーランドでお茶するというと、以前はティールームが一般的だった。もちろん今でも、都市部を離れた田舎の町ではティールームは健在で、サンドイッチやマフィンが並べられ自由に選べるようになっている。だいたい置いてあるものや雰囲気は似ているのだが、ベーカリーの片隅がティールームになっていたり、いかにも地元の人たちに長い間愛されている憩いの場的なティールームだったりして、個人的にはカフェよりティールームを見ると何だかほっとする。

もちろんカフェも増える一方でそれぞれの特徴があり、お客さんの雰囲気が微妙に違ったり、スタッフの対応もクールな感じから温かい感じ、それぞれの居心地がある気がする。
Quattro(クアトロ)はクライストチャーチ中心の大聖堂からは歩いて5~6分くらいとちょっと離れてはいるが、11月中旬にオープンした新しいカフェがある。内装はシックな感じでまとめられており、スタッフもフレンドリーで長居をしたくなる雰囲気だ。近隣に会社が多いので、昼時はビジネスマンやビジネスウーマンで賑わうが、ちょっと時間をはずしておいしいコーヒーを堪能しつつ、のんびりと午後のひとときを楽しむのにもちょうど良い。
場所は285 Cashel St.、語学学校のElimが入っているビルにある。天気の良い日は通りに面したガラスを開放しているのだが、窓に面したカウンターと通りがかりの知り合い同士でおしゃべりをしていたりしているのが、いかにも観光客向けではないカフェという感じがする。パニーニなどのサンドイッチ類や、ブラウニーなどのスィーツも手ごろな値段で楽しめる。

クライストチャーチ市内にはあちこちにカフェがあるので、お気に入りのカフェを探しながらあちこち探索してはどうだろう。
0512_quattro.gif
▲日頃はコーヒーより紅茶派なのだが、ここのコーヒーは本当においしい。お気に入りはフラット・ホワイト。

0512_quattro2.gif
▲内装もそうだがソファー類のすわり心地がかなり良くて、なんだかつい長居をしてしまう‥。

コメント:

始めまして。
私も2年前にワーホリでCHCHに住んでました。
懐かしくたまにblog読ませていただいてます。
東京に比べてしまうと何も無い街ですが違った良さがありますよね。私もカフェめぐりしてましたよ。
私のお気に入りは「C1 CAFE」のフラット・ホワイトでした。
お店の雰囲気は落ち着いた感じではなかったけれど味はとても美味しかったです。まだあるのかな~?
 

投稿者 chika : 2005年12月 9日 23:57

CONTENTS
NZディレクトリ