« クライストチャーチ市内観光入門 | Blog TOP | ビルマ料理でサヨウナラ »

2005年12月10日

クライストチャーチの治安

この土日がニュージーランドでの最後の週末となった。
今日は、夫が以前ここクライストチャーチでワーキングホリデーをしていた時に知り合った、アリスタと韓国レストランでランチをとった。バスエクスチェンジのすぐそばにあるこの韓国レストランLIDOは、値段も手ごろで私の好きなビビンパもNZ$7.80と安い。またごま油の香りもよくおいしかったし、また韓国の歌が流れている店内も広くきれいだった。
そしてその後、Janeと大聖堂の前で待ち合わせをし、お茶を飲んだり買い物をしたり、あちこちみて回ったりして午後を過ごした。

Janeは韓国人でニュージーランドに数年来住んでおり、非常にピュアでいて前向きでしかも韓国美人である。
長く住んでいるといろいろあるようで、例えば車を運転中に対向車からパンを投げつけられ、運悪く窓を開けていたために首にあたってしまったとか、また去年家に泥棒が入りかけたとか、けっこう聞いているとこわい目にあったこともあるらしい。

私が今回ニュージーランドにいる間はそんなに怖いことはなかったが(まだわからないけど)、一度バスに乗って家に帰ってくる途中でこんなできごとがあった。
満席のバスの中、私は左側のほぼ中央に座っていたのだが、突然バスの右側でドン!と大きな音とぐしゃっという音がしたと思ったら、後ろの乗客が「ドライバー、ドライバー!!」と叫んでいる。
バスが急停車し、私も斜め後ろを見たら右側の大きなガラスのうち1枚全てにヒビがびっしりと入っていた。乗客の話によると若者が何かをバスの窓に投げつけたらしい。幸い割れて粉々にならなかったので乗客は誰も怪我をしなかったが、ヒビが入った窓の脇には日本人の若い女性と、ニュージーランドの年配の女性が座っていた。もし仮に割れていたら、たいへんなことになっていたかも知れない。けが人がいなかったものの、バスは当然安全運行ができないので、代わりのバスが到着するまで我々乗客は暑い中で待たされる羽目になった。
実はその事件がおきる数分前のこと、私の乗っていたバスの1本前のバスが暑さでオーバーヒートし、それに乗っていた乗客たちは私たちのバスに乗り換えたばかりだったから、1本前に乗っていたお客さんにとっては、とんでもなくアンラッキーな日だったことになる。
まぁ、そのおかげで代替バスの中で隣に座ったおばちゃんと、楽しくお話をすることができて、良い英会話のトレーニングができたけども。

こんなことはレアケースかと思って学校で話をしたら、先生が数ヶ月前にも韓国人の男子生徒から似たような話を聞いたと言っていた。場所によっては、イタズラ書きが多く夜はちょっと嫌な雰囲気の場所もある。
また学校に行く途中で、フロントガラスと左側の窓を全部粉々に割られた車を見たことがあるし、フラットメイトの同僚はカーステレオを2回盗られたそうだ。
またかくいう私も、実は、あたってはいないけどもいきなり石を投げつけられたことがあった。

決して脅かすわけではないが、ニュージーランドのイメージとして安全でクリーンといううたい文句もあり、ほぼその通りだとは思うものの、引越して早々に泥棒が入ってパソコンを盗られた話や某語学学校ではちょっと荷物を置きっぱなしにして戻ってきたら、CDウォークマンがなくなっていたとか、そういう話はけっこう耳にするものだ。また女性を狙った性犯罪も多く、夜遅くに女性の一人歩きは避けたほうが無難である。
諸外国に比べればニュージーランドは安全性が高いし、根本的に親切な人が多くきさくに言葉を交わすこともよくあるけれど、夜中に薄着で女の子がウロウロしている日本は、やっぱり安全なほうなのだなと思う。(もちろん事件はおこるけど)

ニュージーランドで嫌な思い出を作らないためにも、気を引き締めるところは引き締めて、楽しくニュージーランドを満喫して欲しいなと思う。

コメント:

いつも楽しみに見ていますよー。
もう終わりなんて早いですね。
ともかく学校お疲れさまでした。

でもなんだかとっても残念です(笑)。
もっともっとNZのこと見ていたかったなぁ。

ホントどこにいても気をつけないといけないのは一緒ですよね。
自分の気の緩みが原因で事故や事件にあって、
NZを嫌いになってほしくないし。

最後のstay楽しんでくださいね~。

投稿者 はま : 2005年12月10日 18:32

CONTENTS
NZディレクトリ