TOPページ » 旅行記 » ニュージーランドで海外生活!【クライストチャーチでシンプル暮し】 » 徒然

徒然:ニュージーランドで海外生活!【クライストチャーチでシンプル暮し】

会社解散→失業を機に、クライストチャーチで念願の海外生活を決行!語学留学で久々の学生生活を送る作者のクライストチャーチの徒然エッセイ。

2005年12月12日

帰国しました

クライストチャーチの家を5:15に出発し、オークランドを経由して無事日本へ帰国。
Yさん、朝早くから起きて空港まで送ってくれて、本当に本当にありがとう!

→ 続きを読む

2005年12月10日

クライストチャーチの治安

この土日がニュージーランドでの最後の週末となった。
今日は、夫が以前ここクライストチャーチでワーキングホリデーをしていた時に知り合った、アリスタと韓国レストランでランチをとった。バスエクスチェンジのすぐそばにあるこの韓国レストランLIDOは、値段も手ごろで私の好きなビビンパもNZ$7.80と安い。またごま油の香りもよくおいしかったし、また韓国の歌が流れている店内も広くきれいだった。
そしてその後、Janeと大聖堂の前で待ち合わせをし、お茶を飲んだり買い物をしたり、あちこちみて回ったりして午後を過ごした。

→ 続きを読む

2005年12月 5日

故郷バトン

たまちゃんから故郷バトンがきました。

→ 続きを読む

2005年11月24日

ニュージーランドで何するの?

今、こちらは夜の8時半ちょっと前である。が、外はまだ明るくて夜はまだこれからだぞ!といった感じ。
今日で私のクライストチャーチ滞在も折り返し地点を過ぎた。予想通りあっと言う間で、気がついたら日本に戻る日になっているのではないかと思う。午前中は学校、午後からは市内のあちこちを見るか、または帰り道途中でスーパーマーケットに寄って夕飯の買い物をし、家に戻って宿題やblogの記事を書いたりしているうちに夕飯の時間になる。
夕食後はまた勉強したり本を読んだりして(ちなみに明日はTOIECの試験だったりする。)そうこうしているうちに寝てしまう。
起床は6時、就寝は10時と日本で仕事をしていた時に比べたら、かなり健康的な生活である-何せ失業する前までは、夜の10時と言えば残業を終え夕飯を食べていた時間である。

→ 続きを読む

2005年11月21日

クライストチャーチの空に想う

日本を夜の便で発ってニュージーランドにそろそろ着くという頃、そっとブラインドをあげると雲海が少しづつ朝焼けで表情が変わっていくのが見え、飽きずに写真を撮ったりしているのだけども、クライストチャーチも高い建物が郊外はなく、空が広く見え非常に気持ちが良い。
昨日の夕方も空を見ていたら、雲の流れが面白くてカメラを持ち出して庭でパチパチと何枚か撮ってみた。今、こちらはサマータイムで夜8時を過ぎてもまだ明るく、ようやく暗くなりかける頃には鳥の声があちこちから聞こえてくる。

→ 続きを読む

2005年11月 5日

オークランド空港に降り立つ

ニュージーランドまで約10時間、ビジネスクラスだったら少しはラクかなと思ったのだが、足元が広いのと食事がおいしかったこと、キャビンアテンダントさんの対応が素晴らしかったのは言わずもがなだったけども、結局そんなに寝られなかったのは変わらなかった。

→ 続きを読む

2005年11月 4日

成田空港第2ターミナルでしばしの別れ

昼になって夫が事務所から戻ってきた。
成田空港まで私を送ってくれるためだ。

→ 続きを読む

2005年11月 2日

直行便と経由便

ニュージーランドに行く時、私自身は直行便の利用が多い。
理由はカンタン。
アジアの航空会社の経由便は確かに安いのだけど、クライストチャーチ空港から入国して南島を周ることが多い我が家の場合、オークランドにしか行かないアジアの航空会社のは使いにくいのだ。
例えばシドニー経由でクライストチャーチという手ならば良いかも知れないが、かくべつに経由地に用がなければ直行便で飛んで少しでもニュージーランドで時間を過ごしたいと思ってしまう。

→ 続きを読む

2005年11月 1日

遠距離夫婦、再び

今日から11月。早いもので今年もあと2ヶ月となった。
そして、私にとって今日2005年11月1日は節目の日でもある。昨日である2005年10月31日をもって、勤務先を退職したのだ。

→ 続きを読む

2005年10月31日

ワーキングホリデー

最近はワーキングホリデービザを使ってニュージーランドに行く人がずいぶんと増えたが、私の友人の1人がワーキングホリデーがニュージーランドに行くと言い出したときは、まだシステムそのものが始まって数年しか経っておらず、ちょっと珍しく感じた。

→ 続きを読む

2005年10月30日

個人旅行の楽しみ

ニュージーランドにいつか住みたい-それは私たち夫婦の共通の願いだ。

→ 続きを読む

CONTENTS
NZディレクトリ