TOPページ  »  ニュージーランド便利帳  »  出入国時編  - 入国審査&税関

ニュージーランド便利帳 【入国審査&税関】

まず到着したら入国審査、次に税関。
ニュージーランドへの旅行は、旅行最終日から数えて3ヵ月以上の残存期間があるパスポートが必要です。また、査証(ビザ)は通常の観光であれば日本国籍者は不要です。ただし、3ヵ月以上の滞在を希望する旅行者は、観光ビザの申請が必要となります。

ちなみにビザには観光ビザ以外にも就学ビザ、就労ビザ、ワーキングホリデービザ、移民ビザなどがあります。

入国審査の際には、必要事項をチェックしたArrival card (PDF 76Kb)をパスポートと一緒に添付します。カードは機内で希望者に配布されますので、忘れずに貰い、機内で書いておいたほうが便利です。また入国審査のときは、カードに特別なことを書いたりパスポートに何か不都合があったりしなければ、通常ややこしい質問をされることはないハズです。

次に税関ですが、食料品の持込みはチェックが必要です。乾燥してるクッキー・飴など菓子やお茶などは平気ですが、生もの・果物・種子・ペット・動物の毛皮で作ったもの・木工品などは、必ず通関の際に申し出をして審査を受けましょう。黙って持ち込み、発覚すると厳しい罰金刑が待ってます。これはニュージーランドが農業・酪農が重要な産業としているからで、雑菌や外来生植物を持ち込まれないようするのに必要なことなのです。お金だけの問題ではありませんので、必ず守りましょう。詳しい情報はニュージーランド農林省ホームページの規制品一覧(英語)に記載されてますので、詳細をお知りになりたい方はそちらをご覧ください。

ちなみに以前某大学のラグビーチームと乗り合わせた際、殆どの学生が、日本のコミック(しかも刺激の強いヤツ)を持っていたため、幾人か別室に連れて行かれてました。同じ日本人として、恥ずかしいやら情けないやら・・。

CONTENTS
NZディレクトリ