TOPページ  »  ニュージーランド便利帳  »  言語・習慣と文化  - コミュニケーション

ニュージーランド便利帳 【コミュニケーション】

ニュージーランドの公用語は英語、そしてマオリ語です。

日本からの観光客は以前より多くなったものの、例えばハワイの観光地のように、どこでも日本語が通じるというわけではありません。が、オークランド、クライストチャーチなど大都市のお土産屋や日本食レストランであれば、日本語の分かる店員さんがいるようになりました。

一般のニュージーランド在住の方は日本人が英語が苦手なのは周知の上ですので、一生懸命話していれば余程忙しくないかぎり、耳をかたむけてくれます。
でもいくら苦手とは言え、何かしてもらったら
"Thank you!"
お願いするときは
"Please"
店に入るときなど
"Hello!"
軽くぶつかったり、前を横切るときは
"Excuse me."
は言いたいですね。

例えばレストランなどで食事を持ってきてもらったときにお皿にむかって
"Thank you."
という人がいますが、持ってきてくれた人の目を見て言いましょう。

また、ニュージーランドには歴史ある教会が数多くありますが、帽子をかぶっている場合はマナーとして脱いで観光しましょう。

CONTENTS
NZディレクトリ