TOPページ » ハレマエ!特集 » メダリストたち - アテネを振り返る

メダリストたち - アテネを振り返る

日本メダルラッシュで史上最多のメダル獲得に湧いたアテネオリンピック。ニュージーランドは金を個人で2つ、団体で1つ。そして銀を2つ獲得しました。
日本の総人口1億27619千人に対して人口400万人のニュージーランドにしてはなかなかの成績!?

金メダル
○トライアスロン男子 /Carter Hamish
カーターはオークランド出身の33才。趣味はサーフィン、スキー、ゴルフ、食べること、寝ること、友達と赤ワインを飲むこと・・。個人競技が好きで、21 才でトライアスロンを始めたそうです。練習で調子が良ければ20-30kmを走り、普通でも12-15km走る、まさに鉄人。

○自転車 女子3000メートル /Sarah Ulmer
オークランド出身のサラは現在28才。15才でこの競技を始めたそうですが、何故?と聞かれて「楽しいから」。趣味は犬と一緒にクルージングしたり、ビデオや映画を観ることだそうです。

○ボート 女子ダブルスカル 団体

銀メダル
○カヌー 男子レーシングカヤックシングル1000メートル /Ben Fouhy
25才のベンがホームタウンであるTaumarunuiに近いワンガヌイ川でトレーニングを始めたのは9年前。仕事の後や週末に練習を重ねたそうです。2003年度のNew Zealand Sportsman of the Year にも名を連ねています。

○トライアスロン 男子 /Bevan Docherty
タウポ出身のベヴァンはクライストチャーチで機械工学を学んだという、27才の彼の趣味はコンピューター。スポーツ好きの家族とタウポという土地柄が彼を育てたようです。あなたのヒーローは誰?という問いに「イアン・ソープ」。

CONTENTS
NZディレクトリ