TOPページ » ハレマエ!特集 » ニュージーランドでペンギンを観よう!

ニュージーランドでペンギンを観よう!

水族館や動物園で、よちよちと歩く姿に心癒されているペンギン好きの皆さん。ニュージーランドにペンギンを観にいきませんか?

自然界ではペンギンは南半球でのみ見ることができます。ニュージーランド全領域に7種類のペンギンがおり、ニュージーランド沿岸には3種類が生息しています。
中にはニュージーランド固有種もいます。ペンギンは世界で18種類だそうですので、いかにニュージーランドに多くのペンギンがいるかがお分かりでしょう。
アザラシやアシカ、猫、犬、フェレットやヤマイタチなどの肉食動物に殺されたり、時には自動車や列車にひかれることもあるペンギンを、地元ではコロニーを作るなどし保護をすると同時に、ビジターセンターで観察や保護の模様、生態について学ぶことができます。

ペンギンが横切るので徐行をうながす標識。ペンギンのイラストが何だかユニーク(Oamaruにて)

■ブルーペンギン(コガタペンギン)

英名Blue penguin
和名コガタペンギン
マオリ語Korora-コロラ
身長約30センチ
特徴
背中がブルーグレーでお腹は白い、世界最小のペンギン


ブルーペンギンは身長が約30センチしかなく背中がブルーグレーでお腹は白い、世界最小のペンギンです。主な繁殖期は3月から7月で、孵化したときのBlue penguinの赤ちゃんの体重は、わずか35gほどです。このブルーペンギンを、南島のダニーデンとクライストチャーチの間に位置するOamaruで見ることができます。

Oamaruの町の南にある半島の北側、かつての採石場にあるブルーペンギンコロニー(Blue penguin colony)には180以上の巣箱があります。
そばにあるビジターセンターでは、ブルーペンギンの生態や保護活動の模様のインフォメーションやお土産コーナーがあります。また薄暗くなりかけた夕方には、海からあがり巣に戻るブルーペンギンの姿を観察する有料ツアーがあります。

オマルにあるブルーペンギンコロニー・ビジターセンターの入り口


Oamaru Blue Penguin Colony

中心部から徒歩では15分、車で5分程度。線路を渡った元採石場の中で、途中に標識はあるが日が暮れると真っ暗なので早めに向かうことをオススメします。

■ブルーペンギン(コガタペンギン)

英名Yellow eyed penguin
和名キガシラペンギン
マオリ語Hoiho-ホイホ
身長約65センチ
特徴
目の周囲と頭の周りを囲むように、黄色い模様をもつ


その鳴き声からマオリ語でHoiho-ホイホと呼ばれるイエロー・アイド・ペンギンは、名前のとおり目の周囲と頭の周りを囲むように黄色い模様をもっています。

フィヨルドランド・ペンギンに次いで稀少なイエロー・アイド・ペンギンは、ほかのペンギン同様に、肉食動物に狙われたり森林の減少などの影響で数が減っており、1997年の調査では7500羽程度となっていました。

オタゴ半島にある保護団体では、有害動物の駆除やイエロー・アイド・ペンギンにとって生活しやすい環境を整えるなどの保護活動をしています。

ダニーデンなどから見学ツアーも出ており、ダニーデンのインフォメーションセンターではイエロー・アイド・ペンギン見学を含めたさまざまなツアーが用意されています。

オタゴ半島のイエロー・アイド・ペンギン・コロニーの観察場所

Penguin Place
オタゴ半島の先端にある、保護区。ダニーデンから出発するツアーに参加するほうが行き来しやすい。

Yellow-eyed Penguin Trust
イエロー・アイド・ペンギンの鳴き声を、Sound Clipsで聞くことができます。

26 Alva Street(トゥウェンティーシックス アルバストリート)
ニュージーランドの南島の街ダニーデンと、そこで出逢うことができる野生のペンギンを紹介している、Mitzさんのサイト。ホイホについて詳しく書かれています。


■フィヨルドランド・ペンギン(キマユペンギン)

英名Fiordland Crested Penguin
和名キマユペンギン
マオリ語Tawaki-タワキ
身長60センチから70センチ
特徴
まるで眉毛のような黄色い飾り羽。原生林の洞窟で子育てをするニュージーランド固有のペンギン。


原生林の洞窟で子育てをするニュージーランド固有のペンギン、フィヨルドランド・ペンギン。マオリ語でTawaki-タワキと呼ばれます。

体長は60センチから70センチほどで、まるで眉毛のような黄色い飾り羽が特徴。(この黄色い飾り羽は、1羽づつ違うのだとか) 世界でも稀少なこのペンギンは、南島のウエストランド南部、フィヨルドランド、スチュワート島の岬や小島に作られたコロニーに生息しています。卵を狙うWeka-ウエカ(ニュージーランドクイナ)や、外来種、また人間(!)により捕獲されるなどし、その数を減らした結果、今では2500つがい余りほどしか生息が確認されていません。IUCN レッドリストのカテゴリで、絶滅危惧類にされています。

West Coast Nature Tours
ボートツアーでフィヨルドランド・ペンギンのコロニーを観察できます。


もっと知ろう!ニュージーランドのペンギン

海の写真のボルボックス 2006年7月のテーマ写真館《ペンギン王国ニュージーランド》
ニュージーランドのペンギンたちを、写真でみることができます。海の写真専門のストックフォトライブラリー株式会社ボルボックスによるものです。(海洋写真家・中村庸夫氏撮影)

ペンギンさんの南極情報
ニュージーランドのご近所?!南極のお話を、元南極地域観測隊隊員のPENさんのサイトで聞いてみませんか?クイズや写真集など南極について学べます。

立体イラストレーター朝森ゆき
ニュージーランド長期旅行中にオーブン粘土を見つけ、大好きなニュージーランドのペンギンを作り始めた立体イラストレーター朝森ゆきさんのサイト。トップページとGallery2にフィヨルドランド・ペンギンが。

ペンギン占い
あなたは何ペンギン?ちなみに私はマゼランペンギンでした。何事もはっきりしないと嫌なタイプだそうで。当たるも八卦当たらぬも八卦、ちょっと遊んでみませんか。

ニュージーランド・ポスト-「ペンギン」記念切手
ニュージーランド・ポスト(郵便局)のサイト内にある、ペンギンに関する記念切手のページ。2001年に発行されました。

CONTENTS
NZディレクトリ