TOPページ » ハレマエ!特集 » ラグビー・ワールドカップ2003 - GO! ALL BLACKS! » オールブラックス、初戦を圧勝で飾る

« Previous | TOP | Next »

2003年10月11日

オールブラックス、初戦を圧勝で飾る

ワールドカップ2003のオールブラックスの初戦はイタリア戦。結果は70-7の大差でオールブラックスの圧勝。Doug Howlett, Carlos Spencer, Joe Rokocokoがそれぞれ2トライ、合計11トライを決めて、優勝候補筆頭の前評判通りの強さをアピールし、試合終了。

私的に注目しているのは、そのド派手なトライで知られている地元でも人気のDoug Howlett(Wing)と今年6月14日のイングランド戦で代表デビューしたばかりで若干二十歳のJoe Rokocoko(Wing)。Doug Howlett はその髪型からニュージーランドでは、「ドギー・ヘア」と呼ばれている。私個人的には、ジョニー・デップに似ている二枚目ウィングだと思う。 Rokocoko(ロコココと発音)はその印象的な名前もさることながら、抜群の走力を誇る。この二人がボールを抱えて相手ディフェンスを交わし、抜群の加速度で走り回る。勢いに乗った彼らを止めることは非常に困難。今後の試合でも彼らが生み出すトライに注目だ。ワールドカップの前哨戦だったTri Nations Cup 2003でもオーストラリア、南アフリカを相手に4戦すべてに勝利したオールブラックスが、その強さを維持した状態で、ワールドカップに乗り込んできたことを証明する試合内容。次のオールブラックス戦は、10月17日(金)オーストラリア現地時間19:30に行われるカナダ戦。予選グループDを文句なしの全勝1位で通過することが、今後のオールブラックスの目標になる。

各メンバーのプロフィールは、オールブラックス・オフィシャルサイトに詳しくのっているのでそちらを参考に。
http://www.allblacks.com/(英語)

10月11日(土)の試合

MATCHCITYKICK OFFRESULT
ニュージーランド vs イタリアMelbourne14.30NZL 70-7 ITA
アイルランド vs ルーマニアGosford17.00IRE 45-17 ROM
フランス vs フィジーBrisbane19.30FRA 61-18 FIJ
南アフリカ vs ウルグアイPerth20.00RSA 72-6 URU
時間はオーストラリア現地時間です。

CONTENTS
NZディレクトリ