TOPページ  »  Let's go to around trip!  »  Christchurch  » クライストチャーチ - 旧地方自治会議所とスコット像

クライストチャーチ - 旧地方自治会議所とスコット像

クライストチャーチ - 旧地方自治会議所とスコット像

クライストチャーチ - 旧地方自治会議所 クライストチャーチ - スコット像

大聖堂を背にWorcester Blvd.通りを西に1ブロック進むと見えてくるのがレンガの建物。1887年に建てられ、1924年まで市役所として使用されており、2000年7月まで観光案内所として使われていました。また、この建物の裏手はパンティング(船遊び)の発着所となっていて、Avon Riverの美しい眺めを水上から楽しむことができます。 また、その正面に建つ石像は英国人探検家Robert Falcon Scott。1912年、彼はノルウェーのアムンゼンと、南極点到達第1号を競うがわずかな差でその栄誉を逃し、しかもその帰路遭難‥‥彼が凍死した場所は基地まであとわずかのところでした。この像は、妻であり彫刻家のキャスリーンが1917年に制作したものだということです。

CONTENTS
NZディレクトリ