« マイナス・イオン浴びまくり! | Blog TOP | モエラキ・ボルダーズ »

2003年12月29日

Pride of the South

スペイツ醸造所見学へ。

我が家は二人ともスペイツが大好きで、特にOLD DARKがお気に入り。日本だとスタインラガー(通称スタイニー)をごくたまに見つけることがあるけど、スペイツは見かけません。なので我が家でNZに行くときはどこに行ってもスペイツなのです。但しスペイツは南島では当たり前のように見るけど、北島に行くとそうでもなくなります。我が家が南島にしか寄らないことは当たり前だけど、北島にしか行かないってことがないのはそれも理由の気がします。しかも私は日本ではあまりビールは飲まないんですが、スペイツは別。日本では最初の乾杯程度しか飲まないのですが、もう一口、もう一口と飲めてしまうのです。ちなみに夫は毎日スペイツを飲んでいるらしい。ええのぅ。

そんなスペイツ好きな二人が本拠地であるここダニーデンに来て醸造所見学を外すわけには行きません。SPEIGHT'S BREWERY TOURのしかもThe Ale Houseにてランチ付(12ozですが好きな種類のbeer一杯込み)に参加しました。ちなみにNZD49/人です。食事がないツアーならば大人NZD15でございます。いずれも最後に試飲付き。予約要。お近くにお寄りの方はぜひどーぞ。

ツアーはスペイツのガイドさんが付いて順次説明をしてくれます。英語のみですが、受付でスペイツの歴史を書いた日本語の簡単な説明文をくれます。しかも醸造所の中を単に廻るのではなくてビールの製造方法、ビールの歴史、スペイツの生い立ち他過去のCFのビデオがあったりしてなかなか力が入ってます。最後にはお待ちかねの試飲があり、6種類のビールから先ずオーソドックスなGOLD MEDAL ALEを次に自分の試したい物をご馳走になれます。私はPILSENERを貰ったのですがNZのホップの味が楽しめます、という説明通り軽いのですが香りがあって今まで飲んだことがあるGOLD MEDAL ALEやOLD DARKとは全く違う感じでした。

お土産もShopで買えるのですが、ボトルに自分でスペイツを詰めて持って帰ることができるGift BoxとSpeight'sのポスターを入手。本当はフレーム付きもあって日本に背負ってでも持って帰る意気込みで聞いたのですが、SOLD OUTっちゅうことでした。う?、残念。あとオススメはOLD DARKアイスです。スーパーでも買えると言うことなので、見かけたら挑戦してみてください。クリーミーでコーヒーのような、またクルミのような香りがしてなかなか美味しいです。アイスですからノン・アルコールです、念のため。
スペイツのウェブサイトはこちら(英語)

CONTENTS
NZディレクトリ